「SBIネオモバイル証券」と「SBI証券」は、どちらもTポイントを利用した投資が可能なサービスを提供しています。

日々の生活の中でTポイントを貯められるお店は多く、貯まったTポイントを投資信託や株式の購入に充てられるのは資産運用をしていたり、検討している人にとって魅力的ですよね。

この二つのTポイントを活用した投資ができるサービスは、どちらも同じ「SBI」が運営しています。

しかし、サービス内容が同一というわけではなく、利用をを検討している人の中には「どちらが自分にとって良いのだろう。」という疑問を持つ人もいるでしょう。

そこで、「投資対象」「手数料」「手続き・サービス」等の観点から、この2つのサービスを比較していこうと思います。

SBIネオモバイル証券 VS SBI証券〜Tポイント投資の投資対象で比較してみる〜

まずは、SBIネオモバイル証券とSBI証券を投資対象の違いで比較してみましょう。

「SBIネオモバイル証券」のTポイント投資対象

「SBIネオモバイル証券」のTポイント投資対象は、現物取引(東証・名証・福証・札証上場銘柄)、国内ETF、REITになります。

ETFとは上場投資信託のことで、株式市場で取引されている日経平均やTOPIXなどの指数に連動したものなどがあります。

REITとは不動産投資信託のことで、投資家から資金を集めてオフィスビルや商業施設・マンションなど、複数の「不動産」を購入し、その収益不動産等から得られる賃料や売却益を投資家に分配する商品です。

国内株式市場に上場している現物株であればほとんどの商品をTポイントを利用して買付できるのがメリットと考えて良いでしょう。

S株(単元未満株)で1株からでも株式を購入できるのも魅力的ですね。

しかし、証券会社が設定しているような単純な投資信託等にはT-ポイントを利用して投資できないのはデメリットと考えて良いと思います。

「SBI証券」のTポイント投資対象

「SBI証券」のTポイント投資対象は、投資信託になります。

投資信託の買付・売却単位は「口数」(株式でいう株数)といいます。

こちらで取り扱っている投資信託は上記の国内ETFと違い、上場しているわけではありません。

しかし、成長性やバリュー投資・外国の金融商品が組み込まれているものなど様々な特色を持ったテーマに投資することができる点は魅力的ですね。

ノーロード(買付時手数料無料)の投資信託も豊富に取り揃えており、自分の好みにあった投資対象を選択できると思います。

もちろん「SBI証券」で証券口座開設をした場合は、現物株式等の取引も可能ですが、Tポイントを利用した投資については投資信託のみになっているので注意が必要です。

「SBI証券」では現物株式にTポイントを利用して投資できないことがデメリット、投資信託に投資でき、種類も豊富というのがメリットです。

SBIネオモバイル証券の公式サイトはこちら⇨

SBI証券の公式サイトはこちら⇨

SBIネオモバイル証券 VS SBI〜手数料で比較してみる〜

続いて、SBIネオモバイル証券とSBI証券を手数料の違いで比較してみます。

「SBIネオモバイル証券」の投資手数料

普通、株式や投資信託などの金融商品では取引ごと(買付・売却について)手数料が発生することが多いです。

しかし、「SBIネオモバイル証券」では月額料金という仕組みを採用しています。

取引の有無にかかわらず月間の約定代金(売買取引が成立した代金の合算)に応じて月額216円(約定代金50万円以下)~5,400円(約定代金~1,000万円)までの手数料を支払えば取引し放題ということになります。

自己資金と合わせても月に頻繁に取引をしなければ安い月額手数料で現物株式を売買できるということです。

毎日忙しく売買を繰り返したとしても定額制なのは魅了的ですね。

また、「SBIネオモバイル証券」では、毎月200円分の期間固定Tポイントを付与しています。

月間の約定代金が50万円以下であれば、月額料金最安値の税込216円(サービス利用料)-200円(期間固定Tポイント)=16円で取引し放題にできます。

ただ、「SBIネオモバイル証券」ではTポイントを金額指定の買付で、1ポイントあたり1円相当として利用して株式などを購入できますが、株式購入時にTポイントが新たに貯まることはありません。

前述の毎月付与される期間固定Tポイント200円分が月間取引について新たに付与されるTポイントになります。

日々の買い物などで「たまったTポイントを利用して投資」をすることは可能ですが、取引ごとの「投資でTポイントを貯める」ことはできません。

Tポイント投資以外の取引額が高額であったり、取引回数が極端に多くなる場合は注意してください。

「SBIネオモバイル証券」の投資手数料については、月額料金を支払えば売買手数料は心配しなくて良いのがメリット、株式の取引ごとに新たにTポイントは付与されないので、Tポイントが株取引を通じて貯まらないというのがデメリットです。

「SBI証券」の投資手数料

「SBI証券」の場合は取引ごとに手数料が発生します。

Tポイントで買付できる投資信託には様々な手数料がかかることがあり、一般的には買付する際に「申込手数料」保有している期間を通して「信託報酬」、手放すときには「信託財産留保額」がかかります。

買付手数料にあたる「申込手数料」ですが最大買付基準価格(投資信託の価格)の4%程度かかります。

しかし、前述の通り「SBI証券」ではノーロードの投資信託を取り揃えているので、こちらについてはノーロードの投資信託を中心に選択していけば良いでしょう。

「信託報酬」は投資信託のメンテナンス費用のようなイメージをしてください。購入者は投資信託の運用をいわばお任せしているので、メンテナンス費用がかかるというわけです。

「信託報酬」は最大、投資信託純資産総額の年率3%ほどかかります。

「信託財産留保額」は株式の売却時手数料のようなイメージです。

最大で、購入時基準価格の6%程度か換金(売却)時基準価格の3.5%ほどかかります。

投資信託には上記のように様々な手数料がかかるので、株式等のように短期的に売買をするよりは、長期的に保有する方が投資効果は高いと言われています。

「SBI証券」では「SBIネオモバイル証券」と違い、他の金融商品を取引した際にTポイントが付与されます。

「マイレージサービス」と呼ばれるこのサービスの内容は、月間合計手数料の1.1%相当のTポイントが獲得でき、さらに、国内株式入庫・口座開設でそれぞれ1回あたり100ポイントのTポイントを獲得できるキャンペーンも行っています。

Tポイントを使用しない株などの取引をする、かつその取引が少額でない場合は、「SBI証券」の方がTポイントを獲得する機会が多いと言えるでしょう。

例えば、月間取引手数料が2万円を超える金融商品の取引をするのであれば、「SBIネオモバイル証券」で毎月付与される期間固定Tポイント200円分より多くTポイントを貯めることができます。

「SBI証券」の投資手数料については、株式や他の金融商品の取引を通じてTポイント(期間固定ポイントを含む)が獲得できるところがメリット、Tポイントを利用した投資対象は投資信託なので様々な手数料がかかり短期売買には適していないのがデメリットといえます。

SBIネオモバイル証券の公式サイトはこちら⇨

SBI証券の公式サイトはこちら⇨

SBIネオモバイル証券 VS SBI証券〜取引に必要な手続き・サービスで比較してみる〜

次に、SBIネオモバイル証券とSBI証券を手続きの違いで比較してみましょう。

「SBIネオモバイル証券」のTポイント投資のはじめかた・サービス

「SBIネオモバイル証券」で証券口座開設 → Tポイント利用手続き → 取引開始

「SBIネオモバイル証券」ではロボアドバイザー「WealthNavi for ネオモバ」が利用できます。

WealthNavi for ネオモバは、簡単な6つの質問に答えるだけで自分に合った運用プランを提案し、資産を自動運用してくれる大変便利なツールですが、最低利用料金は最低1万円からとなっています。

Tポイント投資だけではなく初心者に優しいサービスが充実しています。

ただし、「SBIネオモバイル証券」ではNISAなどの非課税投資制度には対応していませんので注意が必要です。

「SBI証券」のTポイント投資のはじめかた・サービス

「SBI証券」で証券口座開設 → Tポイント利用手続き → 取引開始

「SBI証券」の場合はNISA口座での買付にも対応しています。

ただし、積立買付、口数買付、ジュニアNISA口座における買付は対象外となりますのでご注意ください。

非課税口座での投資が可能ということは値上がり益や配当益を非課税にできますので、投資家の強い味方になると思います。

どちらのサービスを利用するとしても、口座開設には本人確認書類(マイナンバーが確認できる書類を含む)が必要になるのであらかじめ用意しておきましょう。

 

<よく読まれている人気記事>

Tポイント投資のやり方・攻略法

SBIネオモバイル証券 VS SBI証券〜それぞれの証券をおすすめしたい人の特徴〜

最後に、SBIネオモバイル証券とSBI証券それぞれの投資をオススメしたい人の違いを紹介します。

「SBIネオモバイル証券」をおすすめしたい人

  • 投資経験が全くない人
  • Tポイントを中心に取引してなるべく他のお金は使いたくない人
  • これから投資の勉強をしたい人
  • 日々の生活でTポイントが貯まりやすい人
  • Tポイントで株式取引をしたい人

上記に当てはまる人は、「SBIネオモバイル証券」を利用しての投資をおすすめします。

Tポイントを利用しながら、売買手数料をおさえて少額投資をできる点は投資経験の全くない初心者の方には魅力的ではないでしょうか。

株式が値上がりしたら売却するというような株式投資の基本取引ができるので「とりあえず大きな金額で取引をする前の練習にしたい。」と考えている投資について学びたい人にもおすすめです。

少額投資に対応しているサービスが多いので、コツコツ投資資金を積み上げていきたい人にも向いています。

しかし、取引できる商品が前述の通り、現物株式中心であること・単元未満株の場合は単元株と違い好きなタイミングで買付売却できない(取引できる時間が決まっています。)ことには注意して下さい。

「SBI証券」をおすすめしたい人

  • Tポイント投資とある程度の自己資金投資を考えている人
  • 非課税投資制度を利用したい人
  • 投資を通じてTポイントを貯めたい人
  • Tポイントを利用した投資では長期投資の方針のある人
  • Tポイントで投資信託を取引したい人

上記に当てはまる人は、「SBI証券」を利用しての投資をおすすめします。

Tポイント投資以外の取引においてもTポイントを貯めることができるのは魅力的ですし、Tポイント+ある程度の自己資金で投資を考える人であれば賢くTポイントを利用することができます。

また、前述の通りNISA口座での買付にも対応しているので、非課税枠を活用したい人にとっても魅力的でではないでしょうか。

しかし、Tポイントを利用した金融商品の買付は投資信託に限られる点には注意が必要です。

投資信託は長期保有に向いていますので、売買を繰り返してみたいという人にはおすすめしません。

まとめ

同じTポイント投資ができる「SBIネオモバイル証券」・「SBI証券」ですが、それぞれ違った取引商品やサービスの魅力がありました。

Tポイントを利用した投資では、「SBIネオモバイル証券」は現物株式中心・月額手数料が魅力的でした。

「SBI証券」は投資信託を選択できる・取引を通じてTポイントが貯まるという点が魅力的でした。

どちらが優れているというわけではなく、どちらも利用者にとって嬉しい利点が多くありましたね。

この記事を参考に、2つのサービスのメリット・デメリットを比較検討しながら、自分にあったTポイント投資のスタイルを検討していただけたら幸いです。

SBIネオモバイル証券の公式サイトはこちら⇨

SBI証券の公式サイトはこちら⇨