「投資に興味はあるけど、元手となるお金が無い。」

「忙しくて、投資のことを考える時間が無い」というみなさん。

自動的に、そしてほったらかしで投資ができる、インヴァストカードで「ポイント投資」を始めてみませんか?

今回の記事では、複数のポイント投資を運用している筆者の目線で、インヴァストカードでの投資について解説していきます。

「ほったらかしで投資!?」と興味を持たれた方は、ぜひチェックしてください。

インヴァストカードとは

詳細をお伝えする前に、簡単にインヴァストカードの説明をします。

インヴァストカードってどんなカード?

そもそもインヴァストカードはインヴァスト証券株式会社と株式会社ジャックスとの提携カードで、日本初の積立投資専用クレジットカードです。

インヴァストカードを利用すると毎月自動的にポイントが現金化され、自動的に投資をすることが可能になります。

そしてポイントはすべて自動的に現金化されるので、失効する心配も何に交換しようかと悩む必要もありません。

また手数料無料で0.1口からの少額買い付けが可能なので、日々の買い物なので付与されるポイントで十分投資が可能です。

インヴァストカードの特徴

早速ですが、インヴァストカードの特徴について説明していきます。

①ポイントを自動キャッシュバック

従来のクレジットカードでは、もらったポイントを忘れていて失効してしまったり、あまり必要もないけれど交換できる対象が少なくて無理に交換をしたりするケースが多かったと思います。

しかし、インヴァストカードのポイントは交換忘れにより失効することや、無理に何かに交換をすることは、必要ありません。

完全毎月自動キャッシュバックだからポイント還元を必ず受け取ることが可能です。

そして、ポイントはインヴァスト証券取引口座へ自動でキャッシュバック、そのまま投資が可能となります。

②ポイント還元率が高い

いつでもどこでもカードを使うたびに、ポイントがたまります。

一般的なカードの還元率は0.5%といわれていますが、インヴァストカードは2倍以上の1%

③初年度年会費無料 次年度以降も利用状況に応じて無料に!

年会費がかかるカードが多い中、利用開始タイミング初年度の年会費が無料!

そしてカードショッピングを年間1回以上、利用するだけで、次年度の年会費は本人会員・家族会員ともに無料!

インヴァストカードの魅力

次に、インヴァストカードの魅力について説明していきます。

①自動で積立て、再投資までしてくれる!

インヴァストカードの一番の魅力は、「ポイントの自動積立運用」。つまり、ほったらかしで運用してくれるところです。

インヴァスト証券が提供するサービス「マネーハッチ」が自動で資産運用をしてくれるので、月に一度、カードのポイントを現金化するところから、それを資金として世界のETFに投資・運用するまで、すべて自動。

自動現金化サービスのメリットは、うっかりポイントを失効させることがなくなるところ。

投資を始めるのに必要な最低ポイント数さえ貯まれば、100%運用商品に変えることが可能です。

また自動運用サービスは、毎月貯まったポイントを積み立てていくだけでなく、価格が上がったときに利益確定した分を、新たな積立金と合わせて再投資までしてくれます。

②ETF(上場投資信託)に「0.1口」から投資できる!

投資で運用できる商品は、すべて「海外ETF(上場投資信託)」となっている。外貨に変えずに日本円のまま取引できるので、とても手軽!

補足ETFとは上場投資信託(Exchange Traded Fund)のことを表します。

投資信託が証券取引所に上場しているので、株の売買と同じように証券会社を通して取引ができます。

日経平均株価やTOPIX、NYダウの動きに合わせて、それと同じように動くように作られているので、株のように投資先の会社を選ぶ必要がありません。

「株式投資を始めたいと思っているんだけど、どの会社を選んだらいいのかよくわからない…」という方に取ってうってつけの商品です。

③ETC年会費・家族カードも無料!

ETCカードの発行手数料・年会費は無料、家族カードの年会費も実質無料です。

もちろん、利用額の1%は自動で運用されます!

また、家族カードも無料です。(初年度無料、2年目以降1回の使用で無料)。

3枚まで作れるので、家族にたくさん使ってもらい、貯まったたくさんのポイントを運用していくということも可能です!

④カードのデザインがかっこいい!

シンプルなブラックで、余計な情報をそぎ落としているので、洗練された印象を受けます。

ハイクラスのカードに用いられる素材を使用しているようで、カードの側面までブラックです。

かさばるカード入れの中でも個性的な一枚になること間違い無しです!

インヴァストカードのデメリット

これまでインヴァストカードのメリットを説明してきましたが、デメリットについても説明していきます。

ジャックスのポイントアップモールでのポイントは投資できない

ジャックスのポイントアップモール「JACCS」モール経由で他のサイトで買い物をすればボーナスポイントが付与され、基本還元率1%を含めた合計還元率は1.5%以上になりますが、このボーナスポイント部分はジャックス独自のシステム「Jデポ」として、カード利用金額から値引きされます。

ジャックスのポイントアップモール「JACCS」モール経由で他のサイトで買い物をすればボーナスポイントが付与され、基本還元率1%を含めた合計還元率は1.5%以上になります。

ただ、このボーナスポイント部分はジャックス独自のシステム「Jデポ」として、カード利用金額から値引きされます。

「JACCS」モールで手に入れたポイントは投資に回されるわけではないので注意が必要です。

「nanaco」のチャージはできるが、ポイントがたまらない

「nanaco」や「Edy」にはチャージは可能ですが、残念ながらポイントは貯まりません。

交通系のモバイル「suica」や「SMARTICOCA」だけにはチャージもできてポイントが貯まりますが、上記2つには貯まらないのでご注意してください。

電子マネーチャージが交通系にしかできないというところはデメリットとまでは言えないと思いますが、少し不便だと感じますね。

 

<よく読まれている人気記事>

Tポイント投資のやり方・攻略法

インヴァストカードの申込方法、審査

「インヴァストカードポイント」のポイント投資を始めるまでの流れは、以下のとおりです。

まずは口座開設から

インヴァストカードの申し込みのためには、まずインヴァスト証券の口座を開設する必要があります。

口座開設はこちらから!

インヴァスト証券の口座開設申し込みを済ませると、ログインIDやパスワードが郵送されてきます!

これで「マネーハッチ」の画面を見られるようになり、ようやく「インヴァストカード」発行の申し込みに進むことが可能です。

ちなみに、IDなどが届いた時点で運用商品の選択が可能です。

初期設定は「世界株ETF」となっているが、希望があれば商品を変更してカードの到着を待ちましょう!

インヴァストカードが届いたら、あとは買い物などをするだけで、ポイント投資が自動スタートします!

「インヴァストカード」を活用して、元手も手間も必要ない、効率的な「ETF投資」を始めましょう!

インヴァストカードのキャンペーン

現在「インヴァストカード」では、1000円分の投入資金とJデポ最大7700円、合計8700円分をもらえるキャンペーンを実施中です!

キャンペーンは、以下の5つで構成されています!

  • カードの入会後の利用(最大5,000円分)
  • リボ払いの登録(2,000円分)
  • ETCカード申込・利用(500円分)
  • お知らせメール登録(100円分)
  • Web明細サービス登録(100円分)

インヴァスト証券の口座開設&インヴァストカードの発行後、カード利用によって合計5,000円分のJデポがプレゼントされます。

Jデポとはカードの請求時に値引きする枠であり、ショッピング利用金額からJデポ金額が値引きされます。

詳細はこちら

楽天カードとインヴァストカードの比較

インヴァストカード同様に、買い物でたまったポイントを投資に回せるクレジットカードがあります。

その代表格である楽天カードとの比較をして、メリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

年会費

楽天カードは、年会費が完全無料です。

インヴァストカードは、初年度は無料ですが、2年目以降は1,250円かかります。

ただ、1年間に1回でもカードを利用した実績があれば、翌年の年会費は無料になるので、同じと言えば同じですが、完全無料が良ければ、楽天カードをオススメします。

マイル

インヴァストカードには、マイルに関するサービスはありません。

一方で、楽天カードはANAマイルに対応しており、双方で両替をすることが可能です。

また楽天のサービスを利用するとポイントがたまりやすくなっているので、楽天関連サービスを良く使う型は、楽天カードの方がお得です。

付帯保険

国内保険では、インヴァストカードには完備されているが、楽天カードには国内保険はありません。

一方海外旅行では、楽天カードには付帯保険はありますが、インヴァストカードにはついていないので注意してください。

両方を保有して、上手く役割を分けるということがよいかもしれません。

国内保険では、インヴァストカードには完備されているが、楽天カードには国内保険はありません。

一方、海外旅行では、楽天カードには付帯保険はありますが、インヴァストカードにはついていないです。

両方を保有して、上手く役割を分けるということが必要です。

まとめ

今回の記事では、インヴァストカードについてご紹介しました。

何かと忙しい現代人の皆さんに、自動的にそしてほったらかしで投資ができる「インヴァストカード」はオススメです。

簡単に投資をすることができるので、本格的な投資を始める良いきっかけになるはずです。

ぜひインヴァストカードでポイント投資を始めてみてはいかがでしょうか?